長年の「もやもや」が晴れた日

野球でいう先発登板は、前もって監督やコーチから言われてするものなのでしょう。それを急に言われたら心も身体も準備不足で出来ないと思います。
彼女との別れ話は、私にとっては言うならば「急に言い渡された先発登板」みたいなものでした。
「もう少し、自分のために時間を使いたいから」
それが彼女が私と別れたい理由でした。
もちろん、そんな理由で納得できるはずもありません。本当の理由を教えて欲しいと食い下がりました。直すべきところがあるなら自分で改善するからとも言いました。
ただ、彼女の決意は固く、結局はその日で別れたのでした。
準備不足の私は、言いたいことがほとんど言えず、かなりのフラストレーションが溜まりました。
長年もやもやしたまま過ごしましたが、それが今日晴れたのです。
知り合いから彼女の近況を聞きました。
私と別れた直後から、ある男性と同棲生活を始めていたのだそうです。
正直に話してくれなかったことは残念ですが、分かれた本当の理由が分かって良かったです。着物買取の宅配業者に見積を出してもらいました

最近、誰とも話してない

子どもはのぞく、最近、私は誰とも会話らしい会話をしていないなと気づきました。

そんなことを気づかないほど、自分の意見を誰かに伝えたり、人の話を聞いたりすることから遠ざかっていました。
でも、それでもいいやと思っている自分がいるんです。

人と話すと、あとからものすごく後悔することが多いです。あんなこと言わなければよかった、とか、何で調子に乗って色々ペラペラ打ち明けたんだろう、そもそもそんなに親しくないじゃないか、などと憂鬱になるので、むしろ話し相手がいないほうが、余計なストレスがかからなくてよかったのでは?と思ったりするんですが、そんな自分が怖いというか、普通ではない気がしてしまいます。

ふと自分は精神障害があるのではないかと考え込むことも多々あり、もしかしたら近い将来、精神疾患で家族を困らせる存在になりえるという不安が他のそのへんの人より大きいんです。

家系にそういうのが多いのもありますが、こんな閉鎖的な感覚は普通には持ち合わせないんだろうと思ってしまうんです。新宿のメンズ脱毛で契約しました